ゴルベーザ

2012年05月19日

FF4 攻略 その75

[FF4] ブログ村キーワード

月の地下渓谷B12F

先に進むと、ゴルベーザとフースーヤの姿が。。。

ここから会話の引用
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

セシル「ゴルベーザ!
     フースーヤ!」

ゴルベーザとフースーヤがゼムスとの戦闘に入る。


二人は魔法で攻撃。

ゼムスに攻撃する間を与えないまま、連続魔法が続く。


フースーヤ「もう一息じゃ
       パワーをメテオに」

ゴルベーザ「いいですとも!」

ゼムス「使うがいい
     すべての力を」

Wメテオ

ゼムスに9999のダメージ!

ゼムス「この身体 滅びても・・・
     魂は・・・ふ・・・め・・・つ・・」

ゼムス倒れるw(゚ロ゚)w

戦闘終了


ゴルベーザ「倒した・・・」

フースーヤ「愚かな・・・
       素晴らしい力を持ちながら
       邪悪な心に踊らされおって・・・」

エッジ「ヒャッホー!!」

ゴルベーザとフースーヤに駆け寄るセシル達

フースーヤ「おお、そなたらも!」

エッジ「一足遅かったか!
    オレがブチのめすはずだったのによ!」

ゴルベーザ「セシル・・・」

セシル「・・・」

ローザ「セシル・・・」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

あらら・・・

ラスボスを、脇役が倒しちゃったよ。

そんな展開に、びっくりデスw(゚ロ゚)w




y1aqrmdy at 08:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月06日

FF4 攻略 その66

[FF4] ブログ村キーワード


制御システムを倒すと・・・


ここから会話の引用です
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

セシル「やった!」

エッジ「動きが止まったぜ!」

「おのれえええ!!」


ゴルベーザ登場!


ゴルベーザ「よくも巨人を!!」

フースーヤ「おぬしは!」

ゴルベーザ「なんだきさまは!」

フースーヤ「おぬし!自分が誰かわかっておるのか!」


フースーヤが魔法を唱える


ゴルベーザ「やめろお!!」

フースーヤ「目を覚ますのだ!」


フースーヤが再び魔法を唱え、倒れる


ゴルベーザ「・・・私は、なぜあんなに憎しみにかられていたのだろう・・・」

フースーヤ「・・・自分を取り戻したか。
       ・・・おぬし、父の名を覚えているか?」

ゴルベーザ「父・・・クルーヤか・・・?」

セシル「なんだって!!」

ローザ「それじゃセシルの・・・」

エッジ「兄貴かよお?」

セシル「ゴルベーザが・・・僕の・・・」

フースーヤ「おぬしはゼムスのテレパシーで利用されていたのだ・・・。
       クルーヤの月の民の血が より、それを増幅していたのだ・・・
       兄弟で戦うなど・・・!」

フースーヤの元に駆け寄るエッジとリディア

エッジ「じーさん!」

セシル「僕は・・・兄を憎み・・・戦って・・・」

ゴルベーザ「お前が私の・・・」

セシル「でも・・・もしかしたら、逆の立場かもしれなかったんだ・・・
     僕がゼムスのテレパシーを受けていれば・・・」

ゴルベーザ「・・・しかしそれが私に届いたということは・・・
       少なからず、私が悪しき心を持っていたから・・・
       ゼムス・・・!!」

セシル「どこへ!?」

ゴルベーザ「この戦い、私自身が決着をつけるッ!!」

フースーヤ「待て!」

フースーヤ「ゼムスも月の民!私も共に行こう・・・!」

ゴルベーザ「さらばだセシル・・・」


ゴルベーザとフースーヤが去っていった。


エッジ「いーのかよ、セシル?」

ローザ「ゴルベーザ・・・あの人、死ぬつもりよ・・・」

セシル「・・・」

リディア「お兄さんなんでしょ?」

セシル「兄さん・・・」

リディア「そうよ!」

セシル「・・・」

震えるバブイルの巨人内部。

エッジ「や、やべーぜ!」

リディア「逃げないと!」

ローザ「セシル!」

セシル「・・・」

エッジ「何してんだ!」

リディア「でも、出口は!?」


「こっちだ!」


この声の主は!?

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――


というわけで、


ゴルベーザの正体が明らかになりましたね。


まさかセシルの兄とは・・・


フースーヤがクルーヤが二人の子供を残したって言っていた時点で
うすうすは気がついてましたが・・・


それにしても、今まで一緒に行動していて、
このことについてはパーティー内では話さなかったのか?


などと、いろいろ考えてしまいます。



あと、操られていたとはいえ、今までの悪行の数々を
セシルの兄というだけで許してあげようという雰囲気。


いいのか?




y1aqrmdy at 18:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月30日

FF4 攻略 その55

デモンズウォールにリベンジ!

そのため、封印の洞窟最下層へ。


クリスタルを取って、

部屋を出て、

デモンズウォール登場!


カイン→戦う
リディア→リヴァイアサン
セシル→戦う
ローザ→戦う
エッジ→盗むw

盗むのは失敗したものの、

デモンズウォールは思ったよりあっさり撃破!


リベンジを果たした!



拍子抜け感がありつつ封印の洞窟を出ようと入り口まで来ると


画面が暗くなる


ここから会話の引用
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

セシル「なんだ?」

ゴルベーザの曲が流れ出す


「カイン・・・帰って来い、カイン・・・
 そのクリスタルを持ち私のもとへ・・・」

セシル「ゴルベーザ!」

セシル「カイン!」

ローザ「しっかりして!」

カイン「大丈夫だ・・・。俺は正気に戻った!」


ん?戻った??


セシルを突き飛ばすカイン


セシル「うッ!」


【闇のクリスタル】を奪われた!


エッジ「てめー!」

ローザ「カイン、何を!?」

ゴルベーザ「私の術を侮ってもらっては困る。
        このときを待っていたのだ!
        これでバブイルの塔は完成する!
        月へ行けるのだ!
        来るのだカイン!」

セシル「カイン!目を覚ませ!」

カイン「・・・」

ローザ「カイン!」

カイン「これで全てのクリスタルが揃った!
     月への道が開かれる!」

エッジ「待ちやがれ!!」

カイン去る。

ゴルベーザ「ハーッハッハッハッハ・・・!」

セシル「カイン・・・」

エッジ「なんてこった!」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――


というわけで、

カインの2度目の裏切りで、

最後のクリスタルが奪われた。


で、どうする?

[ファイナルファンタジー 攻略] ブログ村キーワード




y1aqrmdy at 07:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月23日

FF4 攻略 その34

一方セシル達は、ドワーフ城にあるというクリスタルの場所をジオット王に確認する。


王の玉座の後ろの隠し通路にあるそうです。


その会話を盗み聞きされた模様。

そして、王の玉座の後ろにあるクリスタルルームに急ぐ!



そこには4体の人形がいた。


「僕らは陽気なカルコブリーナ」


そして、戦闘へ!



現れたのは6体の人形。

1体づつは弱い。


楽勝♪

と思っていたら、合体しやがった!

戦闘の音楽もお気楽なものからシリアルなものに変わる。


でも、


合体しても余裕で勝利(・∀・)b



ただ、クリスタルの位置はすでにゴルベーザに報告されてしまったらしい。


そこに登場するゴルベーザ。


さて、どうなる?


[カルコブリーナ] ブログ村キーワード
[闇] ブログ村キーワード
[クリスタル] ブログ村キーワード

y1aqrmdy at 04:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月20日

FF4 攻略 その27

画面は変わり、どこかの建物の中。かな?


ここから会話の引用

┼──────────────────────────┼


セシル「カイン!」

シド「どこへ隠れおった!」

カイン「そう慌てるな・・・。ゴルベーザ様から一言お礼が言いたいそうだ」

テラ「ゴルベーザ!」

ゴルベーザ「約束を守ってもらって うれしい限りだ・・・」

テラ「姿を見せい!」

ゴルベーザ「はやる気持ちもわかるが 私の礼を受け取ってほしい」

ヤン「礼?」

ゴルベーザ「私は、君の愛しいローザと一緒に このぞっとの塔の最上階にいる。
        ここまでたどり着ければローザの命とクリスタルをこうかんしてやろう」

セシル「ゴルベーザ、きさま!」

ゴルベーザ「早くこなければ 君の大事なローザの命の保証はできん・・・。
        さあ、登ってこい!」

┼──────────────────────────┼


というわけで、現在地:ゾットの塔

最上階にいるゴルベーザとローザに向かいます!


最上階って、何階だろう?



ちなみに、入ってきた場所に行けば地上(トロイア城)に戻れますよ。




y1aqrmdy at 21:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)